天下一品の塩焼きは一升のご飯も

カマスあか

冬間近を感じさせる秋の深まりとともに脂がのり、大きく育ってきました。白身の淡泊な味わいは、塩焼きにすると天下一品。この魚の塩焼きが一尾あれば、一升でもご飯が食べられるというほど、その塩焼きは定番です。背開きにした干物も絶品といわれるこの魚を選びなさい。
①カマス
②キス
③サヨリ
④サンマ  “天下一品の塩焼きは一升のご飯も”の続きを読む

笑顔こぼれる 秋の味覚

さば1

この輝き、まさに旬真っ盛り。脂ののりも抜群で、酢でしめていただくのも良し、炊き立ての新米と一緒に塩焼きもたまりません。漁の最盛期を迎えているのは、東北の三陸沖。身が太り、まさに食べ頃の秋の味覚を選びなさい。
①アジ
②イワシ
③サバ
④サワラ  “笑顔こぼれる 秋の味覚”の続きを読む

心していただきたい神の魚

秋鮭

まばゆいばかりに輝く銀色の鱗(うろこ)。秋もたけなわ、主産地の北海道では秋味の名で親しまれるこの魚が身を光らせて、産卵のために近海から生まれた川にのぼってきています。アイヌの人々にとっては‘神の魚’として特別な存在であったこの魚を選びなさい。

①サケ
②シシャモ
③ニシン
④ホッケ “心していただきたい神の魚”の続きを読む