立秋 ~ちいさい あき みつけた

risshuu-1

立春から始まった二十四節気も早いもので、もう半年、立秋を迎えます。立秋とは、初めて秋の気配がほの見えるころのことを言いますが、実際には暑さの盛り。とはいえ、これ以降は夏の名残の残暑ということになります。 “立秋 ~ちいさい あき みつけた”の続きを読む

夏フグの異名をとる怪魚、登場

画像提供:玉寿司
画像提供:玉寿司

スズキやマコガレイとともに、夏を代表する昔ながらの高級魚です。とくに刺身が絶品で、夏場の関東では活けのものがフグのように食べられています。この時期の船釣りの対象としても人気があり、オスかメスが1匹釣れると必ずといっていいほど、もう1匹釣れるという夫婦仲のいい魚としても知られる、この魚を選びなさい。
①アンコウ
②カレイ
③コチ
④ヒラメ  “夏フグの異名をとる怪魚、登場”の続きを読む

骨切りあってこそのこの美味

はも2

関東では料理屋の魚という印象ですが、いまの時季、関西では日々食卓に上がります。この魚の骨の多さは約3,500本と半端でなく、小骨を細かく切る手法のおかげで、‘落とし’や‘ぼたん’、寿司などこの魚ならではの味覚を楽しむことができます。この魚を選びなさい。
①あなご
②うなぎ
③たちうお
④はも  “骨切りあってこそのこの美味”の続きを読む