魚界のセレブは貪欲。それがうまさの秘密

マダイ尾鷲

恵比寿さまに抱かれている姿でおなじみのこの魚。桜の咲く季節になると、桜の花のように美しい紅色に染まり、旬を迎えます。正岡子規が、うろこに散りゆく桜花を重ねて詠んだ句の下線部にふさわしい言葉を選びなさい。
俎板に 鱗ちりしく ___

①桜海老
②桜鯛
③桜蛸
④桜鱒  “魚界のセレブは貪欲。それがうまさの秘密”の続きを読む

竹之御所風・たけのこ姿ずし

たけのこ姿ずし

東京・小金井に三光院という臨済宗の尼寺がある。ここは、室町時代から続く、京都嵯峨にある尼門跡(にもんぜき)寺院・曇華(どんけ)院の別院で、歴史ある雅な精進料理を今に伝えている。 “竹之御所風・たけのこ姿ずし”の続きを読む

思わず目を見張るおいしさの春告魚

メバルフリー1

北国の「春告魚」がにしんなら、この魚の登場は日本列島にかけ足でやってくる春の訪れを報せてくれます。里山の幸、たけのこが出ると、相性良しのこの魚との炊き合わせが愉しみに。生食志向の強い現代でも、一尾まるごとの煮つけが人気のこの魚を選びなさい。

①アカムツ(ノドグロ)
②カサゴ
③キンメダイ
④メバル  “思わず目を見張るおいしさの春告魚”の続きを読む

桜が咲った(わらった)

清明(fuyuki)

桜が咲いた。
私たちは、こぞって、桜の花の開花を今か今かとこころ待ちにし、散りゆく花を惜しむ。その理由というものがあるとすれば、どういうことだろうかと探したくなって、サクラという言葉をたどってみた。 “桜が咲った(わらった)”の続きを読む