天下一品の塩焼きは一升のご飯も

カマスあか

冬間近を感じさせる秋の深まりとともに脂がのり、大きく育ってきました。白身の淡泊な味わいは、塩焼きにすると天下一品。この魚の塩焼きが一尾あれば、一升でもご飯が食べられるというほど、その塩焼きは定番です。背開きにした干物も絶品といわれるこの魚を選びなさい。
①カマス
②キス
③サヨリ
④サンマ  “天下一品の塩焼きは一升のご飯も”の続きを読む

笑顔こぼれる 秋の味覚

さば1

この輝き、まさに旬真っ盛り。脂ののりも抜群で、酢でしめていただくのも良し、炊き立ての新米と一緒に塩焼きもたまりません。漁の最盛期を迎えているのは、東北の三陸沖。身が太り、まさに食べ頃の秋の味覚を選びなさい。
①アジ
②イワシ
③サバ
④サワラ  “笑顔こぼれる 秋の味覚”の続きを読む

心していただきたい神の魚

秋鮭

まばゆいばかりに輝く銀色の鱗(うろこ)。秋もたけなわ、主産地の北海道では秋味の名で親しまれるこの魚が身を光らせて、産卵のために近海から生まれた川にのぼってきています。アイヌの人々にとっては‘神の魚’として特別な存在であったこの魚を選びなさい。

①サケ
②シシャモ
③ニシン
④ホッケ “心していただきたい神の魚”の続きを読む

日本の秋といえば、なんといっても。

さんま3

惚れ惚れするような、この美しさ。誰もが知っている「秋」の代表的な魚、さんまの登場です。スラリとしたこの体型、銀白に輝く体色。背側の濃い青色が、この銀白色をより際立たせています。この姿形を表現した秋の味覚、さんまの漢字表記を選びなさい。

①秋味
②秋鯵
③秋鯖
④秋刀魚 “日本の秋といえば、なんといっても。”の続きを読む

なんでもござれの万能魚

イワシ

胴に輝く黒い斑点。頭でっかちの肥満体。私たちにとってもっとも身近な魚、いわしがこの時季産卵をひかえて丸まると太っています。ふつう、いわしといえば、このマイワシ。料理はもちろん、しらす、飼料、油・・・なんでもござれの万能選手。斑点にちなんで、呼ばれているマイワシの別名を選びなさい。

①ななつぼし
②はかりめ
③もんだい
④やいと  “なんでもござれの万能魚”の続きを読む

セレブないかに負けない旨いワタ

するめイカ

昨今は不漁のニュースで話題のこのいかは、北海道から九州まで広く生息しています。国内でとれるいかのうち、およそ8割を占め、刺身、寿司だね、天ぷら、フライ、煮物などあらゆるメニューになるこのいかを選びなさい。
①アオリイカ
②ケンサキイカ
③スルメイカ
④ヤリイカ “セレブないかに負けない旨いワタ”の続きを読む

夏フグの異名をとる怪魚、登場

画像提供:玉寿司
画像提供:玉寿司

スズキやマコガレイとともに、夏を代表する昔ながらの高級魚です。とくに刺身が絶品で、夏場の関東では活けのものがフグのように食べられています。この時期の船釣りの対象としても人気があり、オスかメスが1匹釣れると必ずといっていいほど、もう1匹釣れるという夫婦仲のいい魚としても知られる、この魚を選びなさい。
①アンコウ
②カレイ
③コチ
④ヒラメ  “夏フグの異名をとる怪魚、登場”の続きを読む

骨切りあってこそのこの美味

はも2

関東では料理屋の魚という印象ですが、いまの時季、関西では日々食卓に上がります。この魚の骨の多さは約3,500本と半端でなく、小骨を細かく切る手法のおかげで、‘落とし’や‘ぼたん’、寿司などこの魚ならではの味覚を楽しむことができます。この魚を選びなさい。
①あなご
②うなぎ
③たちうお
④はも  “骨切りあってこそのこの美味”の続きを読む

味よし 香りよし 姿よし

あゆ鮎1

日本の夏を代表する川魚、鮎。豊かな川に恵まれた日本人は、古くから鮎を‘初夏の使者’として珍重し、その恵みを味わってきました。その華麗に泳ぐ姿から‘清流の女王’とも称される鮎は、古来より日本人に愛されてきただけに、さまざまな別称をもつ川魚です。以下より、鮎のことを表わさない言葉を選びなさい。

①喧嘩魚
②公魚
③香魚
④年魚  “味よし 香りよし 姿よし”の続きを読む

皮目もうまい、味の濃い夏魚。

イサキツキジ

梅雨に入り、人間にとってはうっとうしく感じることが多いこの時季は、魚にとっては恵みの雨。山々からの栄養をふくんだ水が海へ流れ込み、海にはプランクトンが豊富となり、さまざまな魚が肥え太ります。
卵をもつ梅雨の時季に旬を迎えるため、「梅雨」や「麦わら」という季節の言葉が冠され、背びれの形から「鶏魚」の漢字があてられるこの魚を選びなさい。
①イサキ
②コショウダイ
③コロダイ
④メジナ “皮目もうまい、味の濃い夏魚。”の続きを読む